ラトビア共和国国旗
ラトビア共和国国旗

<店主のラトビアいっぷく問わず語り―ラトビアの銘産品、ラトビア料理のレシピなど> 

 

<ごあいさつ>

静かで穏やかな、凪のバルト海をはるかに望む、琥珀海岸に佇むとき。どこまでも続く、白樺の林の一本道を、走りぬけるとき。ラトヴィアの自然が産んだ、上質な天然シルク、綿、毛織物が、トップデザイナーの魔法の手によって、素敵なドレスに仕上がりました。

人生のどんなシーンにおいても、これらのドレスは、貴女にぴったり寄り添って、貴女の「人を愛する心の花束」を引き出します。

心にともった「愛の灯」で、貴女自身が、「自ら光輝く花束」になるのです。

さあ、今あなたの手のひらの上にある、

この小さな宝箱を、そっと開いてみて下さいもっともっと、「ラトビア」

を知るために。。。

 

 

 

about Latvia

国名ラトビア共和国The Republic of Latvija

首都リーガ Riga

人口232万人

人口内訳

ラトヴィア人・・・ 58%

ロシア人・・・30%

ベラルーシ人・・・4%

ウクライナ人・・・2.5%

その他・・・・・・3.5%

歌祭り会場(コロッセウム)に集う2万人の歌い手と観衆。
歌祭り会場(コロッセウム)に集う2万人の歌い手と観衆。

<歌と踊りの祭典―dziesmusvetki

 

ラトビア人は、外国勢力による占領中に、文化的な活動によって、その民族的アイデンティティを保ってきました。

 

 

特に、ユネスコによって認められた、4年に1度の盛大なな歌とダンスのフェスティバル「歌祭り(ラトヴィア語ではdziesmusvetki)」を保持するために国を助けてきました。(www. dziesmusvetki2003.lv)。

 

歌祭りの発祥は、 1924年であり、ヨーロッパ最古の祭典の一つです。この祭りは、ラトビア(人)の歴史と伝統とアイデンティティを披露するする絶好の機会を提供しています。

 

 

歌祭りの詳細は以下の通りです:ラトヴィアという国は、“歌と踊りの国”と呼ばれるほど、音楽に関する祭典の多い国なのです。毎年、夏至から1週間、国を上げて祝われる“LIGO(リーゴ)”と、

 

 

4年に1度祝われる“歌祭り”「ズィーデスムスヴェートキ―」、これは、ラトヴィア全土から選び抜かれた2万人の人が、コロッセウムに集まって一斉に合唱します。私はこのお祭りに参加したことはありませんが、それは華やかなものだそうです。(visitinsaulkrasti.lv

 

    

また、博物館中には、職場での伝統的なcraftsman=職人を観察し、伝統的なラトビアカレンダーの儀式の祭典(www.virms.lv)に参加することができます。

 

 毎年開かれるクラフトフェア(Godatirgus)が最大の6月にある最初の週末にわたって民族学野外博物館で開催された芸術品や工芸品フェアもあります。
最も人気のあるイベントのいくつかは国際的なフェスティバルのオルガン音楽(www.music.lv)であるアクティブコンサートのプログラムと多数のfestivalsandで表現される、音楽に対するための強い情熱を持っているスィグルダのオペラ音楽祭(www.music.lv):SaulkrastiJuly.Saulkrastiジャズフェスティバル、海辺の町(www.www.saulkrasti)のバウスカの古代音楽(www.bauska.lv)のフェスティバルもあります。8月の中旬に開催されるロックフェスティバル<<Liepojas Dzintars>>www.lipaja.lv)でリエパーヤでも音楽フェスティバルがあります。

ラトヴィア人は、常に音楽とともに人生をエンジョイし、観光客は

<<City Celeblationsl>>です夏の間に別の回で最も多くの町や都市で開催される、音楽、ダンス、たくさんのパフォーマンスや、スポーツや主要都市の広場で行われる

青空市場、活気のあるイベントがあり、心行くまでラトビアを楽しむことができます!

 

 

<特産物>

琥珀(アンバー)のネックレス
琥珀(アンバー)のネックレス

琥珀・・・

dzintars -琥珀のためのラトビア語単語の意味は何ですか? Our choral music is brought to audiences abroad by the Dzintars Choir, and dance is presented by the children's dance ensemble Dzintarinš .私たちの合唱音楽はDzintars合唱団で海外の観客にもたらされる、と踊りは子供たちのダンスアンサンブルDzintarinšによって提示されます。 The name of our main perfumery company is Dzintars ; we love to put Dzintars cheese spread on our bread at breakfast.私たちの主な香料会社の名前はDzintarsであり、我々は、朝食時のパンでDzintarsチーズスプレッドを置くのが大好き。 We all have somebody called Dzintars or Dzintra among our friends – the name is so common among us who live at the shore of Dzintara jura , the Amber Sea, and who have so many fine songs about amber and the sea that nurtures it.私達はすべて誰かが私達の友人の間でDzintarsまたはDzintraを呼んでいる-名前はDzintaraジュラ 、アンバー海の海岸に住む人々 、そしてアンバーやそれを育む海についてたくさんの素晴らしい曲を持っている人たちの間で非常に一般的です。 What is this sun-stone caressed by the currents of the Baltic Sea?この太陽の石バルト海の電流によって愛撫とは何ですか?

Amber has a special place among all the precious and semi-precious stones.アンバーは、すべての貴重な、半貴石の間で特別な場所です。 Unlike other decorative materials, amber absorbs body heat and is comparatively easy to work.他の装飾的な材料とは異なり、オレンジ色のは身体の熱を吸収して動作するように比較的簡単です。 This is because amber consists primarily of organic compounds, instead of being formed through the action of inorganic substances.オレンジ色の代わりに、無機物質の作用によって形成されるの有機化合物、から主に構成されているためです。 Amber is fossil resin.琥珀は化石樹脂です。 The chemical formula for amber is taken to be C 40 H 64 O 4 , but in reality the chemical composition differs for each piece of amber.琥珀の化学式はC 40 H 64 O 4とみなされますが、実際には化学組成はオレンジの部分ごとに異なっている。

 

How amber is formed 琥珀が形成される方法 

In the first stage, resin oozed from the trees.最初の段階では、樹脂は木からoozed This took place intermittently and intensively, and often occurred repeatedly.これは断続的かつ集中的に行われ、多くの場合、繰り返し発生。

 

In the second stage, the amber ended up in the soil of the "amber forest".第二段階では、琥珀は"琥珀の森"の土壌で終わった。 In the dry, well-aerated sandy soil physical and chemical changes took place in the resin, through the action of oxygen.ドライでは、十分に通気砂質土の物理的および化学的変化は、酸素の作用により、樹脂で開催されました。 The resin became harder and more durable.樹脂は、より困難かつ耐久性になりました。

 

 

In the third stage of amber formation, the amber-bearing deposits were washed out, transported and redeposited in a water-body.琥珀の形成の第三段階では、琥珀利付預金は、洗い流され輸送と水体に再堆積された。 Amber was formed when the resin was washed by water rich in oxygen and alkaline sodium compounds.樹脂が酸素とアルカリ性ナトリウム化合物の豊富な水で洗浄したときにアンバーが形成されました。

 

The action of these led to the formation of succinic acid and its salts.これらの作用は、コハク酸及びその塩の形成につながった。 Amber that has been excavated or washed up changes under the influence of oxygen, so unlike the inorganic minerals, amber is unstable and changeable.発掘や酸素の影響を受けて変更を洗浄されているオレンジ色なので、無機鉱物とは異なり、琥珀が不安定と変更が可能です。

The age of amber

 

琥珀の年齢 

 

Amber is found in deposits of different ages.琥珀は、異なる年代の堆積物に含まれています。 Well-known amber finds occur already in strata of the Mesozoic Era.よく知られている琥珀は、中生代の地層中にすでによく見受けられます。 However, the most important sources are deposits of the Tertiary Period.しかし、最も重要な情報源は第三紀の堆積物です。 Baltic amber also belongs to this period, having been formed during the Eocene and Oligocene Epoch.バルト海の琥珀はまた、始新世と漸新世の間に形成されたこと、この時期に属する。 Thus, our amber is about 30–40 million years old.このように、私たちの琥珀は百万円かつ年輪3040歳くらいです。 Resin was also exuded by plants of the Palaeozoic Era, and some of this also fossilised, but since the fossilisation process has continued for a long time, the resin has carbonised and merged with coal.樹脂はまた、古生代の植物がにじみ出て、そしてこれのいくつかはまた化石が、fossilizationのプロセスが長時間続いているので、樹脂が炭化しました。 In the Quaternary Period too, in places with suitable climatic conditions, resin has been fossilised.第四紀においても、適切な気候条件を持つ場所で、樹脂が化石されています。 However, this resin does not yet display all the characteristic properties of amber, and so is called copal, dammar or kauri.しかしながら、この樹脂は、まだ琥珀のすべての特徴的な特性が表示されない、などコーパル、ダンマルまたはカウリと呼ばれています。

 

Forms of amber and their world distribution 琥珀のフォームとその世界分布 

Amber from the Mesozoic Era, most common in Cretaceous deposits, occurs in Japan, Taimir, Switzerland, Lebanon, Alaska, New Jersey and elsewhere.中生代からアンバー、白亜紀堆積物の中で最も一般的な、Taimir、スイス、レバノン、アラスカ州、ニュージャージー州と他の場所は、日本で発生します。 Amber that is earlier than the Tertiary Period is regarded as originating only from conifers.第三紀のみ針葉樹から発信されたとみなされるより前であることをオレンジ色に点​​灯します。 An example is New Jersey amber, exhibiting various shades of colour that are redder and darker than Baltic amber.例では、赤くおよびバルト海の琥珀よりも暗い色の様々な色合いを示す、ニュージャージー州オレンジです。 Alaskan amber, on the other hand, is unusually transparent and intensely coloured, displaying a range of tones from honey-yellow to black.アラスカの琥珀は、その一方で、蜂蜜、黄色から黒へのトーンの範囲を表示し、異常に透明と激しく着色です。 Japanese amber often has a pleasant caramel colour.日本の琥珀は、多くの場合、快適なキャラメル色を持っています。 It occurs together with marine fossils and is about 85 million years old.それは海洋の化石と一緒に発生し、百万円約85歳です。 Located on Russia's Taimir Peninsula is possibly the world's largest Cretaceous amber deposit, while Lebanon has one of the oldest occurrences of amber, from about 120–130 million years ago.レバノンの人120から130年ほど前から琥珀の最も古い出現の一つを、持っている間、ロシアのTaimir半島に位置し、おそらく世界最大の白亜紀の琥珀色の預金です。

Gemologists are only interested in a few forms of amber that have served as raw material for jewellery in different historical periods. Gemologistsは異なる歴史的な期間における宝飾品の原料として提供している琥珀のいくつかの形態に興味を持っています。 These were all formed during the Tertiary: Baltic amber (succinite), Romanian amber (rumenite), Sicilian amber (simetite), Burmese amber (burmite), as well as amber from Mexico and the Dominican Republic.バルト海の琥珀(琥珀)、ルーマニア語アンバー(rumenite)、シチリアのオレンジ(simetite)、ビルマ琥珀(burmite)だけでなく、メキシコとドミニカ共和国からの琥珀:これらはすべて第三紀の間に形成された。 Succinite characteristically displays honey-coloured shades of yellow, and is unique in having a very high content of succinic acid: 2–8%.琥珀は、特徴的に黄色の蜂蜜色の階調を表示し、コハク酸の非常に高い含有せずにユニークです:2-8%に。 The term rumenite was introduced by Otto Helm in 1891 for the red-brown amber from the Buzeu Valley.用語rumeniteBuzeuバレーから赤茶色の琥珀のために1891年にオットーヘルムによって導入されました。 It is not really correct to apply the term to the other forms of amber from Romania, since they are mostly pale yellow and exhibit marked internal cracking.それは、彼らは主に内部割れをマーク淡い黄色と展示なので、ルーマニアからの琥珀の他のフォームに用語を適用するために実際には正しくありません。 The name simetite comes from the River Simeto, along whose banks Sicilian amber may be found.名前のsimetiteは、その銀行のシチリアオレンジ色の検出される可能性があるに沿って、川Simetoから来ている。 This amber, often fluorescent and showing an unusual range of colours, has nowadays become very rare.このオレンジ色は、多くの場合、蛍光灯との色の異常な範囲を示す、今日では非常に稀となっています。 Burmite varies in colour from a rich brown to a watery yellowish tint (sherry-coloured), but intensive yellows and bone colours never occur. Burmiteは豊富な茶色の水様黄色がかった色合い(シェリー色)に色に変化するが、集中的な黄色と骨の色が発生することはありません。 Most highly valued is cherry-red burmite.最も高く評価チェリーレッドburmiteです。 Often noted in the literature is the property of burmite of fluorescing in daylight with a blue-green or violet colour.しばしば文献に記載青緑色または紫の色と日光で蛍光のburmiteのプロパティです。 Although Dominican amber is mentioned already by Columbus, it has become more widely known only during the past 20 years.ドミニカ琥珀がコロンブスによって既に言及されていますが、それだけで過去20年間の間に広く知られるようになった。 The recently discovered sources are quite rich and provide comparatively large pieces.最近発見されたソースは非常に豊富であり、比較的大規模な作品を提供しています。 It is the softest form of amber, but in terms of other properties, Dominican amber resembles simetite.それは、琥珀色の柔らかい形ですが、他のプロパティの面で、ドミニカ琥珀はsimetite似ています。

 

Where is amber used? 琥珀はどこに使われていますか? 

The most widespread use of amber is in jewellery.琥珀の中で最も普及は、ジュエリーになります。 Since ancient times, amber pendants, buttons and beads have been made, as well as more complex items.古代、琥珀ペンダント、ボタンやビーズが行わだけでなく、より複雑なアイテムされているので。 Amber has been widely used to make religious artefacts.琥珀は広く宗教的な工芸品を作るために使用されています。 Equally ancient is the use of amber for medicinal purposes.同様に古代の薬用琥珀の使用である。 Amber is used to heal both internal and external disorders.琥珀は、内部と外部の両方の疾患を治癒するために使用されます。 Amber's curative properties are thought to be connected with its content of succinic acid, which is a unique biostimulant.琥珀の効能は独特なbiostimulantであるコハク酸、その内容と接続していると考えられている。 Since it is practically Baltic amber alone that contains a significant amount of succinic acid, we may consider that only Baltic amber has these medicinal properties, and each piece has them to a different degree.それは、コハク酸がかなり残っているそれだけで実質的にバルト海の琥珀ですので、我々は唯一のバルト海の琥珀は、これらの薬効成分を持っていることを考慮すること、そしてそれぞれの作品は異なる程度にそれらを持っています。

The chemical composition of succinite is the reason why a large proportion of this amber is chemically processed.琥珀の化学組成は、このオレンジ色の大部分が化学的に処理されている理由です。 Pure succinic acid is produced for making medicines and is used as a strategic material on nuclear submarines and in the engines of spacecraft.純粋なコハク酸は、医薬品を作るために生産され、原子力潜水艦上に戦略的な材料として、また宇宙船のエンジンに使用されます。 By-products include amber oil and amber varnish.副産物アンバーオイルとオレンジ色のニスが含まれています。 These are used to make high quality paints and varnishes.これらは、高品質の塗料やニスを作るために使用されます。 Amber varnish is essential for restoring the gilded roofs of architectural monuments.アンバーワニスは、建造物の金色の屋根を復元するために不可欠です。

The optical properties of amber have been utilised for a long time.琥珀色の光学特性は、長い間利用されている。 In the Middle Ages, spectacles were made from amber, and at the present day, several manufacturers of optical equipment use amber to improve the quality of lenses.中世では、眼鏡は琥珀から作られた、そして現代では、光学機器の使用のいくつかのメーカーは、レンズの品質を向上させるために琥珀。

Amber, particularly pressed amber or amberoid, is used as an insulator in electrical equipment.アンバー、特に押された琥珀や人工琥珀は、電気機器の絶縁体として使用されます。 Such amber cores were also used in the equipment that measured radiation levels after the Chernobyl nuclear disaster.このような琥珀色のコアはまたチェルノブイリ原子力災害後の放射線レベルを測定する機器で使用されていた。

 

Amber in the world's ancient cultures 世界の古代文化の中でオレンジ色に 

Egypt, Assyria, Greece and Rome figure prominently in all accounts of the history of civilisation, and among the archaeological finds from these cultures there also occur amber artefacts.文明の歴史のすべてのアカウントで目立つようにエジプト、アッシリア、ギリシャやローマの図、および考古学の間でこれらの培養物からも琥珀工芸品が生じた見つけます。 Chemical analysis has shown this to be Baltic amber.化学分析では、これはバルト海の琥珀であることが示された。 Amber and tin were the goods that first aroused an interest in northern and western Europe among the people of the ancient world.アンバーとスズは、最初に古代世界の人々の間に北ヨーロッパおよび西ヨーロッパでの関心を呼んだ商品だった。 Circulation of these materials stimulated the spread of civilisation.これらの材料の循環は、文明の広がりを刺激した。 The Bronze Age world is symbolised by bronze weapons and amber religious ornaments – the secular and sacred providers of security.青銅器時代の世界は、青銅の武器によって象徴と宗教的な装飾品黄色に点灯している - セキュリティの世俗と神聖なプロバイダを。

Amber is mentioned in lists compiled by Assyrian jewellers around 1000 BC.琥珀は、紀元前1000年前後アッシリアジュエラーによってコンパイルされたリストに記載されています。 In the Assyrian capitals Assur and Babylon amber beads have been recovered from temple and tower foundations.アッシリアの首都ではアッシュールとバビロン琥珀のビーズは、寺院や塔の基礎から回収されている。 On the banks of the Tigris, at the site of the Assyrian city of Kalah, an amber figure has been found of Assyrian ruler Assurnasirpal (883–859 BC).チグリス川のほとりに、Kalahのアッシリアの都市のサイトで、琥珀色の数字は、アッシリアの支配者Assurnasirpal883859 BC)が発見されました。 Analysis has established that this is Baltic amber.分析は、これはバルト海の琥珀であることを確立しています。

The ancient Greeks called amber elektron , which means "substance of the sun", and the capacity of amber to become charged and attract small particles later led to the name "electricity".古代ギリシャ人は"太陽の物質"、そして充電になると、後で名前"電気"につながった小さな粒子を誘致するための琥珀色の能力を意味するアンバーエレクトロンと呼ばれる。 Large numbers of amber beads have been found in the ruins of Mycenae.琥珀のビーズの大きな数字はミケーネの遺跡で発見されている。 Amber also adorned the shoulders and hair of the ladies of Thebes, but it was most popular in ancient Rome.アンバーはまた肩とテーベの女性の髪を飾っていたが、それは古代ローマで最も人気があった。 For example, the amber collections at the archaeological museum at L'Aquila in Italy include ladies' toiletry articles, mythological figures and groups, genre figurines, pieces in the shape of fruit, and rings.例えば、イタリアのラクイラでの考古学博物館で琥珀色のコレクションは、レディーストイレタリーの記事、神話やグループ、ジャンルの置物、果実の形をした部分、そして環が挙げられる。 Particularly interesting is a collection of rings with female heads, accumulated during a comparatively short period, 60–160 AD.特に興味深いの比較的短い期間に蓄積された女性の頭部、、60から160 ADとリングのコレクションです。 The value of amber in ancient Rome is indicated by the fact that a single piece of amber was equal in price to a strong slave.古代ローマの琥珀の値は、琥珀色の一枚が強いスレーブの価格に等しいという事実によって示されます。 It was fashionable for ladies to carry a ball of amber in the palm of the hand, while amber-coloured hair was particularly favoured in the reign of Nero.琥珀色の髪が特にネロの治世で好まれている間女性は、手のひらの上で琥珀色のボールを運ぶことが流行していた。 There is reason to believe that amber was endowed with a special mystical, ritual or magical significance among the women of ancient Rome.琥珀は古代ローマの女性の間で特別な神秘的な、儀式や魔法の重要性に恵まれていたと信じる理由があります。

How did amber reach the cultures of the ancient world?どのように琥珀は古代世界の文化に達するのですか?

 

The amber routes 琥珀ルート 

The earliest written evidence regarding Baltic amber may be found in the writings of Tacitus.バルト海の琥珀についての最古の証拠書類は、タキトゥスの著作にあります。 He notes that the Aesti are the only people who collect this treasure from the Baltic Sea and sell it to others.彼はAestiバルト海からこの宝物を収集し、他人にそれを販売する唯一の人であることを指摘している。 Along the trade routes, amber passed through the hands of several intermediaries, so the Greek and Roman descriptions of the northern lands where amber originated are inaccurate and often mystical.貿易ルートに沿って、いくつかの仲介者の手を通過橙色、オレンジ色の発祥の北の土地のように、ギリシャやローマの記述は不正確で、しばしば神秘的です。 Much clearer than the vague mentions in written sources are the hoards of amber that mark the routes by which Baltic amber was traded to the lands of the ancient world.漠然としたよりもはるかに明確に書かれた情報源に言及は、バルト海の琥珀は古代世界の土地にトレードされたことによってルートをマークすること琥珀の金塊です。

Apart from the route leading from Jutland, where amber sources were used up already in the centuries before Christ, all of the later routes come only from the Baltic: the Sambian Peninsula, the Couronian Spit and the coast of Kurzeme.離れてオレンジ色のソースは既にキリストの前世紀にまで使用されたユトランド半島、から先頭のルートから、後のすべてのルートが唯一のバルト海から来る:Sambian半島、CouronianスピットとKurzemeの海岸。 The eastern route (mentioned by Herodotus) led through the Sea of Azov and the Black Sea and was also used by the Near Eastern states.東部ルート(ヘロドトスが言及した)アゾフ海と黒海を通じて主導し、古代オリエントの状態によっても使用されていた。 The Vistula-Dniester route brought amber to the borders of the Roman Empire from the east, and the so-called Moravian Gate gave access to the heart of the empire.ヴィスワ-ドニエストル川のルートは、東からローマ帝国の境界線に黄色に持ってきて、いわゆるモラビアのゲートは、帝国の中心部へのアクセスを与えた。 This depression connects the upper course of the Oder (and Vistula) with the upper reaches of the Morava, extending to the Danube at Bratislava.この不況は、ブラチスラバにあるドナウ川まで延びる、モラバの上流とオーデル川(とヴィスワ)の上部のコースを接続します。 This is called the Great Amber Route, since it was very actively used during the reign of Emperor Nero, when amber was at the height of its fashion in Rome.それは非常に積極的に琥珀はローマでのファッションの高さにあったときに、皇帝ネロの治世中に使われていたのですから、これは、グレートアンバールートと呼ばれます。

Amber gathering and use in the Baltic

 

バルト海での収集と利用をアンバー 

Already in distant antiquity, the people living along the shore of the Baltic Sea not only collected amber for trade, but also made practical use of it as a decorative, curative and religious material.すでに遠い古代に、バルト海の海岸沿いに住む人々は、唯一の貿易のための琥珀を収集するだけでなく、装飾的、治癒的および宗教的な材料としての実用化を行っています。 The oldest amber animal figurines date from the 8th–7th millennium BC.8第七千年紀から最古の琥珀色の動物の置物の日付。 In the territory of present-day Latvia and Lithuania amber processing began in the 4th millennium BC.今日のラトビアとリトアニア琥珀処理の領土で4千年紀紀元前に始まった。 The most interesting finds of artefacts come from Sarnate, Lubana and Juodkrante, and recently also from Purciems (Gipka).工芸品の中で最も興味深い発見はSarnateLubanaJuodkranteから、そして最近またPurciemsGipka)から来る。 Many of these finds have been obtained in work directed by Dr hab.これらの発見の多くは、博士HAB監督の仕事で得られている。 hist.シーッ。 Ilze Loze, corresponding member of the Latvian Academy of Sciences, who is also a member of the Amber Committee of the International Union of Prehistoric and Protohistoric Sciences.また、先史時代と先史時代の科学の国際連合のアンバー委員会のメンバーであるIlzeロゼ、科学のラトビアアカデミーの対応するメンバ、。 Amber was widely used as a magical material with curative properties and as a component of religious rituals among the neighbouring ancient Slavic peoples in Kievan Rus and Poland.琥珀は広く治療特性を持つ魔法の材料としてやキエフルーシとポーランドの近隣古代スラブ人々の間で宗教的な儀式の成分として使用されました。

 

Along with the conquest of the Baltic by the crusaders in the 13th century, the local amberworking traditions declined. 13世紀に十字軍によってバルト海の征服に伴い、ローカルamberworking伝統が減少した。 In the coastal area around Danzig, the Dukes of Pomerania established for themselves a monopoly right to collect amber.ダンツィヒ周辺の沿岸地域では、ポメラニア公爵は自分自身のために琥珀を収集するための独占権利を設立。 The Teutonic Order, having taken control of Prussia, seized the right to all the amber that was obtained.ドイツ騎士団は、プロイセンの制御をとった、取得されたすべての琥珀する権利を押収した。 The local people, if they did not give up amber, were punished by hanging.地元の人々は、彼らは琥珀を与えていない場合、掛かることによって処罰された。 The coastal villages of Latvia too were "adorned" with gallows for amber-thieves.ラトビアの沿岸の村々は、あまりにも琥珀泥棒のための絞首台で"飾られた"だった。 To prevent theft of unworked amber, workshops were established as far as possible from the sources: at Bruges in 1302, at Lübeck in 1310, at Danzig in 1477, at Elbing in 1539 and at Königsberg only in 1641. 1539年エルビングでのみ1641年ケーニヒスベルクで、1477年ダンツィヒで、1310でリューベックで、1302年ブルージュにある:未加工琥珀の盗難を防ぐために、ワークショップは、情報源から可能な限り設立された。 The craft corporations produced mainly rosary beads.クラフトの企業は主にロザリオビーズを作り出した。 Gradually, the technique of amberworking was perfected.徐々に、amberworkingの技術が完成した。 Characteristic finds from the 17th and 18th centuries include amber mosaics, inlaid designs and various sculptures.琥珀色のモザイク、象眼細工のデザインと、さまざまな彫刻が含まれています特徴は17世紀と18世紀から見つかった。 This was one of the boom periods of amberworking, when a unique Amber Cabinet was made, and later an Amber Room as well.これは、ユニークな琥珀色のキャビネットが行われたamberworkingのブームの期間のいずれか、、、後にアンバールームとしてもだ。 The 19th century saw a transition from amber collection to amber mining at the sources in Palmnicken (Jantarnij). 19世紀はPalmnickenJantarnij)のソースで採掘を黄色にオレンジ色のコレクションからトランジションを見た。 Initially, mining was from shafts, but opencast mining later developed.当初は、鉱業はシャフトからでしたが、露天採掘後に開発。 These are the world's richest sources of amber.これらは、琥珀の世界で最も豊かなソースです。 The source is on the seashore, and part of it is under the sea.ソースは海岸上にあり、それの一部が海の下です。 The prevailing marine current still transports lumps of amber from these sources, to be washed up on the shore of Lithuania and Latvia.現行の海洋現在はまだリトアニアとラトビアの海岸に打ち上げられたことに、これらのソースから琥珀の塊を輸送する。 The source is worked by the Kaliningrad Amber Plant.ソースは、カリーニングラードアンバー工場で働いています。

 

Amber in Latvian ethnography ラトビアの民族誌にアンバー 

Only in the 19th century, when the monopoly on amber gathering was lifted, could the coastal people re-establish the ethnographic tradition of amberworking that had been forbidden for centuries.唯一19世紀に、琥珀色の集まりで独占が解除されたときに、沿岸の人々が何世紀もの間禁止されていたそのamberworkingの民族誌的伝統を再確立することができる。 The folk costumes in coastal areas preserve three typical ethnographic items made of amber.沿岸地域での民族衣装は、琥珀製の3つの典型的な民族誌の項目を保存する。 These are kniepkeni , brooches and beads.これらはkniepkeniブローチやビーズです。 The kniepkens was used to fasten the opening of the woman's blouse at the neck, in a similar manner to modern-day men's cuff-links (see drawing), and were richly adorned with pendants. kniepkensは、現代の男性のカフリンク(図面参照)と同様の方法で、首に女性のブラウスの開口部を固定するために使用され、そして豊かなペンダントで飾られていた。 This motif is nowadays widely used in making a variety of pins.このモチーフは、現在では広くピンの様々な製作に使用されています。 The brooches, used to fasten various items of clothing, were made of pure amber, with a traditional design engraved from the left-hand side.衣類の様々なアイテムを固定するために使用されるブローチは、、左側から刻まれた伝統的なデザインで、純粋な琥珀色から成っていた。 Usually they are round, but atypical examples, such as heart-shaped and leaf-shaped brooches, also occur.通常、彼らはラウンドですが、そのようなハート型や葉の形をしたブローチなどの非典型的な例は、、も発生する。 There are also metal brooches inset with amber.琥珀とはめ込み金属のブローチもあります。 Beads include three forms: cylindrical, barrel-shaped and rounded.円筒形、樽型と丸い:ビーズには3つの形式が含まれています。 Amber crosses are often found too.琥珀の十字架はしばしば余りに発見されています。

 

Forms of Baltic amber and amber processing バルト海の琥珀と琥珀加工のフォーム 

99.8% of Baltic amber is succinite.バルト海の琥珀の99.8%は琥珀です。 There are very rare finds of beckerite and stantienite. beckeritestantieniteの非常にまれな発見があります。 The predominant tones of our amber are the yellows, but these may extend to red, brown, blue and green.私たちの琥珀の支配的なトーンは黄色ですが、これらは、赤、茶色、青と緑に延長することができる。 The transparency also changes – from clear and transparent to bone-white and opaque, with a great variety of transitional forms.透明度も変更 - 明確で透明性の骨 - 白と不透明に、過渡的な多種多様な形を持つ。 Just try to find two identical lumps of amber!ちょうど琥珀の2つの同一の塊を見つけることを試みる! You never will.あなたはなります決して。 There is no end of colour tone and transparency combinations.色調と透明度の組み合わせの終わりはありません。 These are a consequence of differences in chemical composition, impurities and density.これらは、化学組成、不純物と密度の違いの結果です。

Nowadays, amber is worked by professional craftspeople and applied artists.今日では、琥珀はプロの職人と適用される芸術家によって加工される。 Contemporary jewellery often continues ethnographic traditions, retained by the inhabitants of the coast of western Kurzeme, but modern trends also appear.現代的なジュエリーは、多くの場合、西部Kurzemeの沿岸の住民に保持された民族誌学の伝統を、続けて、しかし現代的な傾向も表示されます。 There is a Riga school of amberworking, where metallic elements are also important, and a Liepaja school, where the unique character of the amber itself is highlighted.琥珀自体のユニークな文字が強調表示されている金属元素も重要ですamberworkingのリガの学校、、とリエパーヤの学校は、そこです。 Professional craftspeople are nowadays trained at Liepaja.プロの職人は、今日リエパーヤで訓練を受けています。 Right up to the early 20th century, whole families along the coast near Liepaja derived their main income from amber gathering.右上、20世紀初頭に、リエパーヤに近い海岸沿いの全体の家族は、琥珀の収集からそれらの主な収入を得ている。

The largest pieces of amber have been found in Prussia: one weighing 6750 g was found in 1803, and another weighing 9700 g came to light in 1860.琥珀の最大の部分は、プロイセンが発見されています:一つの計量6750グラムが1803年に発見され、別の体重9700グラムが1860年に明るみに出たれました。 Medieval sources mention even larger pieces – 12 kg and 16 kg lumps of amber, but there is no accurate information on these.中世の源は、さらに大きな作品に言及 - 琥珀の12キロと16キロの塊を、しかしこれらには正確な情報はありません。 The Amber Museum in Kaliningrad has a 4280 g amber piece, found in the 1950s.カリーニングラードの琥珀博物館は、1950年代に発見さ4280グラム、黄色の部分を、持っています。 The largest modern-day find is from Sarawak in Malaysia, weighing over 50 kg and now kept in Stuttgart Museum of Natural History.見つける最大の現代は、50 kgを超える重量、マレーシアのサラワク州からのものであり、現在は自然史のシュトゥットガルト美術館に保存。

 

 

Inclusions in amber 琥珀の封入体 

Amber is a unique embalming agent, so inclusions in amber attract considerable attention.アンバーは、ユニークな防腐剤ですので、琥珀の介在物がかなりの注目を集める。 The largest proportion of the inclusions – 80% – are insects.介在物の最大の割合 - 80 - 昆虫です。 The aromatic resin attracted the tiny inhabitants of the "amber forest" and preserved them through the centuries, trapped in its shining embrace as evidence of the insect fauna of the time.芳香族樹脂は、"琥珀の森"の小さな住民を集め、数世紀を介してそれらを維持、時間の昆虫相の証拠として、その輝く抱擁の中に閉じ込め。 Spiders are also common among the inclusions, and there are unique finds such as an amber-encased lizard and a frog.スパイダーは介在物の間でも共通しており、そのような琥珀色の箱に入ったトカゲやカエルなどのユニークな発見があります。 Forgeries of inclusions in amber are also sold.琥珀の介在物の偽造も販売されています。 The inclusions help to date the amber.介在物は琥珀色をこれまでに助ける。

Plant remains are often found as inclusions in amber.植物の遺体は、しばしば、琥珀のインクルージョンとして発見されています。 These are much more difficult to identify.これらは、はるかに困難を識別することがあります。 They are used to reconstruct the landscape of the "amber forest".彼らは、"琥珀の森"の風景を再構築するために使用されます。 For example, swamp cypress remains occur in amber from both Europe and America.例えば、ラクウショウは、ヨーロッパとアメリカ両方から琥珀で発生残ります。 This suggests that the resin of the swamp cypress could also have changed into amber.これは、ラクウショウの樹脂もアンバーに変更されていることを示唆している。

Mineral matter and soil also occurs as inclusions.鉱物質土壌でも介在物として発生します。

 

 

Where can amber be seen and purchased? ここで、琥珀は見て購入することができます? 

The richest collection of Baltic amber is kept at Palanga Amber Museum.バルト海の琥珀の豊かなコレクションはパランガ琥珀博物館で保持されます。 Unfortunately, since the border shifted in 1921, this is no longer the territory of Latvia.残念なことに、国境は1921年にシフトしたので、これはもはやラトビアの領土ではありません。 The Latvian Nature Museum also has a comparatively rich collection.ラトビアの自然の博物館には、比較的豊富なコレクションを持っています。 The largest archaeological and ethnographic amber collections are held at the Liepaja Museum of Art and History, the Latvian History Museum and the Latvian Institute of History.最大の考古学と民族学的な琥珀色のコレクションは、芸術と歴史のリエバヤの美術館、ラトビア歴史博物館と歴史のラトビアの研究所で開催されています。 These are exhibited only in part, so visitors with a special interest need to apply in advance.これらは部分的にのみ展示され、特別な関心を持つので、訪問者は、事前に適用する必要があります。

Worked amber is sold at many souvenir and art shops in Riga and other cities, and, particularly during the tourist season, in squares and parks as well, mainly in the old town of Riga.働いていた琥珀は、主にリガの旧市街で、同様に広場や公園で、特に観光シーズン中、リガや他の都市で多くのお土産やアートショップで販売されています。

 

ラトビアにご旅行の際は、ぜひ琥珀(アンバー)をお土産に!!

ラトビアウール100%の軽くて暖かい圧縮ウールコート
ラトビアウール100%の軽くて暖かい圧縮ウールコート

 

毛織物(ラトビアウール)

 

 

テキスタイル

テキスタイル産業は、伝統的に輸出比率の高い製

造業部門であり(76%)、歴史的に少数の巨大企業を

基盤にしてきました。しかし今日では、新規参入の柔

軟かつ特化した中小企業が収束し、群が形づくられて

きています。ラトヴィアのテキスタイル製品の主な市

場はEU 加盟国(72.9%)で、スウェーデン、デンマーク、

ドイツといった製品品質の高さが要求される国々も含

まれています。これらの市場では、数多くの外資系企

業に加えて、ラトヴィア国内企業が主にCMT(裁断・

. 縫製・仕上げ)製造に活躍しています。これは、主

なブランドや小売チェーンの請負業者が数多く存在

することからも分かります。一方、高い生産能力と競

争力のあるデザインサービスも、価格に敏感な地域及

び東側(ロシア・CIS)市場において目覚しい成功を

納めています。綿衣料、ウール衣料、ニット衣料、リ

ネン及び他の製品が、輸出テキスタイル製品の3 分の

1 を占めています。テキスタイル企業は、生地・合成

繊維・糸類等の準仕上がり品の生産も行っています。

純粋な製造業のみならず、テキスタイルの研究開

発やファッションデザイン等、数多くの関連準部門が、

急速に国内及び輸出の両市場に拡大しつつあります。

商業デザイナーによるデザインや高級衣料・若者市場

向け流行衣料に加えて、教育機関からのデザイン活動

も行われています。

テキスタイル部門のキーワード:費用対効果が高く

向上意識の高い人材、歴史的伝統と製造基盤、応用芸

術活動、西側市場

 

ラトビアは、冬季には、零下20度まで気温が下がります。

そのため、伝統的に、圧縮ウールの、軽くて暖かい生地が、

コートやテーブルクロス、ニットなどに使用されてきました。

写真の"Tina" コート(Natalija Jansone ナタリ・ヤンセンさんデザイン)のコートも、その毛織物の伝統を存分に発揮して、

軽くて暖かい、圧縮ウール(一度織をかけて、それを水につけて縮ませ、再度織をかける、二重織り)を使用しています。

 

ラトビアに出かけられるときは、ウールのミトンやテーブルクロスの

お土産を忘れずに!

LINI軽井沢さんのお宝―北欧バルトの国から自然素材麻の魅力をお届け  ラトヴィア産リネン100%レースflower 
LINI軽井沢さんのお宝―北欧バルトの国から自然素材麻の魅力をお届け  ラトヴィア産リネン100%レースflower 

:リネン(亜麻布

長野県は軽井沢、どこまでも続く美しい白樺林の中に、LINI軽井沢は事業所があります。

私は、このLINI軽井沢様から、リネン製品(可愛らしいスプーン柄のついたリネン製品のエプロンと、万能に活躍するキッチンクロス)を購入したところ、これが強くて洗濯しても色落ちしないどころか、アイロンを当てなくてもしわ一つない!ピンと張ったリネン製品のように、このLINI軽井沢の店主、小林 奈美様も、ピンと背筋の伸びた美しい女性です。LINI軽井沢楽天

ショップのアドレスはコチラ↓

<朗らかなラトビア人青年、ウードリス・レイニス氏から、“ラトビアビジネスのお友達になって”と紹介された、優しくも芯の強い店主、小林 奈美様の楽天ショップ、“LINI軽井沢”>

 

http://www.rakuten.co.jp/linilini/

 

マセラッティやアストンマーティンなどの高級車の内装に使われるラトビアシラカバ合板の素晴らしい出来。
マセラッティやアストンマーティンなどの高級車の内装に使われるラトビアシラカバ合板の素晴らしい出来。
高級車の下板に使われるラトビアシラカバ合板。
高級車の下板に使われるラトビアシラカバ合板。

 

 

 

 

 

 

 

シラカバ合板、シラカバ家具(玩具)

 

1.北欧家具のルーツとして

 

・・・日本では、IK○Aなどの、いわゆるシンプルかつスタイリッシュな「北欧家具」が大人気で、週末には北欧家具のお店には行列が出来ている程ですよね。

 

 

この北欧家具、ルーツがラトビアにあるってご存知でしたか?

 

 

ラトビアは、主要産業がバーチ(白樺)でできた合板(薄い板を何層にも重ねて出来た)の輸出です。

 

 

ある日本のラトビア合板輸入企業の代表取締役の方にお聴きしたのですが、ラトビアで製作される素朴な風合いの家具は、それがスウェーデンや北欧の各国で形状が洗練され、世界的な人気に火がついたということだそうです。

 

もともとラトビアの白樺合板は、強くしなやかで、また見た目も良く、加工が容易なので、あなたの側にも「えっ、ラトビア!?」

の家具があるかも知れませんね。

 

 

ちなみに、マセラッティやアストンマーティン、

フェラーリなどのスーパーカーの内装や、下板にもこのラトビア合板は必ず使われていて、その上質の証左となっています。(添付の写真をご参照下さいね。)

これぞラトビア白樺木馬!に乗ってご満悦の赤ちゃん。
これぞラトビア白樺木馬!に乗ってご満悦の赤ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2,ラトビア製白樺玩具

 

・・・

前述の、シラカバ合板で作られるものは、多岐に亘  

ります。食器棚、テーブル、キッチン収納用品・・・

  

そして何より感動的なのが、「白樺で出来た木馬    

(子供のおもちゃ)」!2~3歳位の子供は、同じ動  

作を繰り返し繰り返ししては、転んだり泣いたり  

笑ったり。

 

その子供に特に人気なのが、シラカバ細工の  

木馬なんですね~。

 

添付の写真をご覧になればおわかりの通り、お   

好きなお子様は、これに乗って離れません!

 

 

かつてココナッツ商店が新大阪のセンイシティに実店舗を構えていた頃、まず子供が飛んできて、

 

 

「おうまさんパカパカするの!!!」

 

 

と言って木馬から離れず、両親は苦笑いでお店のソファでお茶をお出しして一服してもらい、made in Latviaのレイヨン素材の素敵なドレスを見てもらったり、高級ラトビア天然毛織物100%のコートをご紹介したりして、小一時間は

 

 

お子様は「おうまさんパカパカ!」を喜んでしていたものです!

 

 

で、添付の「おうまさん」は、昨年(2010年)の

 

「第一回ラ ミュズィクマルシェせんり2010」

 

の出店で、無事にはるか遠く堺から千里に来られたお母さまに、お子様のために購入されて旅立ってゆきましたとさ・・・・。嬉しいような、私自身も

 

「おうまさんパカパカ!」

 

 

大好きだっただけに少しさみしいような・・・まあ、「成長」とはこういうものなんでしょうね。

 

 

 

 

 

<姉妹都市>

:神戸

 

:日本のシンドラー、外交官杉原千畝とラトビアのこと

 

<フード&ドリンク>

 

 

 

 

 

 

 

<BAKED PORK RIBS(WITH SOUTEED SAURKRAUT AND BOILED POTATOES)

 

<写真挿入>

 

PORK=豚肉

RIBS=骨付きバラ肉

 

<材料(10人分)>

豚骨付きバラ肉・・・15-2kg(骨とともに)

玉ねぎ・・・・・・50g

にんじん・・・・50g

パセリ・・・・・25g

塩、あら引き胡椒

 

<作り方>

1、6-7cmの長さに骨つき肉をカットし、表面の薄い膜をそぎ取ります。ことは、肉をローストしたあとに、骨から肉が簡単に離れることができるようにするためです。

2、塩と、荒挽き胡椒を肉にこすりつけ、1時間ほど、お好みの堅さになるまでローストします。

3、もし、肉自体が、とても脂身が多かった場合は、表皮をむいて、取り置きしておきます。

4、焼きが終われば、一人につき2本程度ずつ、骨つき肉を取り分けます。

5、料理用ボウルに、肉汁をとっておき、ゆでじゃがいもと、ソテーされたザワークラウトに、肉汁をかけます。

 

 

 

SKRANDU RAUSI VEGETABLE TARTS

<写真挿入>

 

SKRANDU=カモメのことか?

RAUSI=不明。ラトヴィア語?

<材料>

1、     荒挽きライ麦もしくは、麦芽粉・・・400-500g

2、     水・・・・・・・・・・・・・・・・200g

3、     ラードもしくはマーガリン・・・・・・50g

4、     10g・・・・・・・・・・・・・・・砂糖、塩

5、     卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

 

ポテトフィリング:

1、     じゃがいも・・・250g

2、     牛乳・・・・・・25g

3、バター、塩・・・15g

 

にんじんフィリング:

1、にんじん・・・・350-400g

2、     塩、砂糖・・・50g

3、サワークリーム・・・25g

4、     卵・・・・・・・・・2

5、     小麦粉・・・・・・・15g

<作り方>

1、     粉を、バットの上でふるいにかけます。

2、     ラードもしくはマーガリンをこすりつけます。

3、水を、20-25度に温めます。

4、     塩と砂糖を加えます。(10-15gのイーストを加えることもできます。)

5、     そして、容易に丸められるほど、堅くなるまでこねます。

6、     パン生地(ドウ=dough)を、2-3mmの厚みのシートに丸め込みます。

7、     直径10-15cmになるまでくりぬきます。

8、     それぞれの端を、1-15.cmの高さに整えます。

9、     そして、それを、獣脂を塗ったベイキングトレーに載せます。

10、 それぞれのケースに、ポテトフィリングもしくはキャロットフィリングを詰め込みます。

11、 卵を塗りつけて、適度な温度のオーブンで、10-15分焼きます。フィリングの頂上が茶色くなって、パイ皮が乾燥してカリっとなったら出来上がりです。

<ポテトフィリングの作り方>

1、     皮をむいたポテトを塩を入れた湯で湯がきます。水分を切って、ざるの中でマッシュします。沸騰させたミルクを加え、さらにバターを加えます。そして、よく混ぜ合わせて出来上がりです。

 

<にんじんフィリングの作り方>

1、     皮付きのにんじんをゆでます。

2、     その後皮をむき、ざるでマッシュします。3、塩と砂糖、サワークリームと小麦粉を入れてよく混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

 

<姉妹都市>

:神戸

 

:日本のシンドラー、外交官杉原千畝とラトビアのこと

 

<フード&ドリンク>

 

 

 

 

 

 

 

<BAKED PORK RIBS(WITH SOUTEED SAURKRAUT AND BOILED POTATOES)

 

<写真挿入>

 

PORK=豚肉

RIBS=骨付きバラ肉

 

<材料(10人分)>

豚骨付きバラ肉・・・15-2kg(骨とともに)

玉ねぎ・・・・・・50g

にんじん・・・・50g

パセリ・・・・・25g

塩、あら引き胡椒

 

<作り方>

1、6-7cmの長さに骨つき肉をカットし、表面の薄い膜をそぎ取ります。ことは、肉をローストしたあとに、骨から肉が簡単に離れることができるようにするためです。

2、塩と、荒挽き胡椒を肉にこすりつけ、1時間ほど、お好みの堅さになるまでローストします。

3、もし、肉自体が、とても脂身が多かった場合は、表皮をむいて、取り置きしておきます。

4、焼きが終われば、一人につき2本程度ずつ、骨つき肉を取り分けます。

5、料理用ボウルに、肉汁をとっておき、ゆでじゃがいもと、ソテーされたザワークラウトに、肉汁をかけます。

以上

 

 

 

 

 

 

 

SKRANDU RAUSI VEGETABLE TARTS

<写真挿入>

 

SKRANDU=カモメのことか?

RAUSI=不明。ラトヴィア語?

<材料>

1、     荒挽きライ麦もしくは、麦芽粉・・・400-500g

2、     水・・・・・・・・・・・・・・・・200g

3、     ラードもしくはマーガリン・・・・・・50g

4、     10g・・・・・・・・・・・・・・・砂糖、塩

5、     卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

 

ポテトフィリング:

1、     じゃがいも・・・250g

2、     牛乳・・・・・・25g

3、バター、塩・・・15g

 

にんじんフィリング:

1、にんじん・・・・350-400g

2、     塩、砂糖・・・50g

3、サワークリーム・・・25g

4、     卵・・・・・・・・・2

5、     小麦粉・・・・・・・15g

<作り方>

1、     粉を、バットの上でふるいにかけます。

2、     ラードもしくはマーガリンをこすりつけます。

3、水を、20-25度に温めます。

4、     塩と砂糖を加えます。(10-15gのイーストを加えることもできます。)

5、     そして、容易に丸められるほど、堅くなるまでこねます。

6、     パン生地(ドウ=dough)を、2-3mmの厚みのシートに丸め込みます。

7、     直径10-15cmになるまでくりぬきます。

8、     それぞれの端を、1-15.cmの高さに整えます。

9、     そして、それを、獣脂を塗ったベイキングトレーに載せます。

10、 それぞれのケースに、ポテトフィリングもしくはキャロットフィリングを詰め込みます。

11、 卵を塗りつけて、適度な温度のオーブンで、10-15分焼きます。フィリングの頂上が茶色くなって、パイ皮が乾燥してカリっとなったら出来上がりです。

<ポテトフィリングの作り方>

1、     皮をむいたポテトを塩を入れた湯で湯がきます。水分を切って、ざるの中でマッシュします。沸騰させたミルクを加え、さらにバターを加えます。そして、よく混ぜ合わせて出来上がりです。

 

<にんじんフィリングの作り方>

1、     皮付きのにんじんをゆでます。

2、     その後皮をむき、ざるでマッシュします。3、塩と砂糖、サワークリームと小麦粉を入れてよく混ぜ合わせます。

 

 

ラトビア名物、シラカバ合板内サウナ!
ラトビア名物、シラカバ合板内サウナ!

:シラカバサウナ(冬季)

Riga Black Balsamの説明>

 

 

 

²  特別に強いお酒である。(度数45度、常温で火がつくぎりぎりの温度。ウオトカとほぼ同じ)

²  ラトヴィア銘産である。

最初に作られたのは、18世紀さかのぼる。その古い製造方法は、リガの薬剤師によって調合されていた。

その原材料は、幾種類ものハーブを混合して醸造されてきた。このことから、このお酒は、色が濃く、液体の濃度も濃いものです。そして、芳醇な香りを有し、どちらかというと、医薬品とみなされてきました。

製造方法は極秘!!日本でいう養命酒のようなもの。

 

Rye bread(ラトビアの国民食、ライ麦パン!

 

 

 

レシピ:

 

<SORREL SOUP(いわゆる"ラトビアスープ"。ココナッツ商店リビングサロンの定番メニュー!>

 

 

 

SORREL=ヒメスイバ、カタバミ。西洋ではサラダに用いられる。

 

NOTE:暗緑色のカタバミの葉は、ほうれん草に見た目と味が似ています。しかし、カタバミは、素敵な酸味があり、その風味は、この料理に欠かせません。

 

 

 

<材料>

1、     豚肉・・・250g

2、     水・・・・800g

3、     カタバミ(ヒメスイバ)・・・300g

4、     にんじん・・・・30g

5、     たまねぎ・・・20g

6、     パセリ・・・10g

7、     ラード・・・20g

8、     精白した、スープ用の丸麦・・・20g

9、     卵・・・1-2個

10、 塩、サワークリーム、ディル(=ハーブの1種類)、およびパセリ

 

<作り方>

1、     精白した、スープ用の丸麦を、6-8時間、冷たい水にさらしておきます。

2、     豚肉を角切りにします。

3、     豚肉と前述の穀物を、シチューなべに入れます。水をひたひたになる程度に入れ、豚肉が少し柔らかくなるまで煮込みます。

4、     カタバミ、たまねぎ、そしてニンジンをスライスし、バターでソテーします。

5、     シチューなべに、ソテーした野菜を入れ、パセリと塩も入れます。

6、     そして、豚肉が大分柔らかくなるまで煮込みます。

7、     取り皿に取り分けるときに、薄切りにしたディルもしくはパセリを散らし、サワークリームを加えます。

8、     精白した、スープ用の丸麦の代わりに、200gの、角切りにしたじゃがいもを使うこともできます。

(その場合は、ポテトを肉と一緒に煮込みます。)

9、     ヒメスイバを別途蒸しておき、肉とポテトが柔らかくなったときに投入します。

10、 ゆで卵を二つ切りにして、飾りつけます。

以上

 

<DEBESSMANNA WHIPPED CRANBERRY DESSERT WITH MILK>

 

 

MANNA(マンナ)・・・昔、イスラエル人がエジプトから聖地に行く途中の荒野で神から与えられたという食べ物。聖書にちなんだキリスト教圏の食べ物。(聖書参考:出エジプト記16:14-36)そこから転じて、

MANNNA=「思いがけず入る幸運」を意味することもある。

 

CRANBERRY=ツルコケモモ。ツツジ科。その赤い実。ゼリー・パイ・ソースなどの原料

Ex)クランベリーソース:米国で感謝祭などに七面鳥に添えて出すソース。

 

<材料>

クランベリー(または他のベリー類)・・・75g

水・・・・・・・・・・・・・・・・200g

砂糖・・・・・・・・・・・・・・50g

セモリナ(パスタ・プディング用の粗めの小麦粉)・・・・・・・・・・・・・30g

 

<作り方>

1、     クランベリーをよく水洗いして下さい。

2、     その後、クランベリーをつぶして、ぎゅっと汁を絞って下さい。

3、     固体のクランベリーをシチューなべに入れ、水をひたひたになるまで入れます。5分ほどゆでながら、かきまぜて下さい。

4、     次に砂糖を加えます。

5、     漸次、セモリナを加えて、かき混ぜ続けます。

6、     セモリナがトロリととろみがつくまで熱します。

7、     次に、クランベリージュースを加えます。

8、     クランベリーとセモリナを混ぜ合わせたものをボウルに注ぎ込み、速やかに冷やします。

9、     セモリナとクランベリーの混合体が、軽く、ふんわりとなるまで泡立てます。容量は、2倍から3倍くらいの多さになります。

10、 深いデザート皿に盛り付け、冷たいミルクをかけて、出来上がりです。

以上

<JANI,SUMMER SOLSTICE CHEESE>

SOLSTICE=夏至の

 

 

<材料>

1、     スキムミルクでできた、ドライカッテージチーズ・・・1kg

2、     牛乳・・・・・5リットル

3、     サワークリーム・・・・100g

4、     卵・・・・・・2個

5、     バター・・・・100g

 塩、

キャラウェイの種(ヒメウイキョウ=セリ科)、その果実(パンやケーキに香りを付けるのに用いられる)

 

<作り方>

1、     ミルクを、時々混ぜながら暖めます。温度が90-95度になるまで。

2、     ガッテージチーズを砕いて、ミルクに入れます。

3、     もしカッテージチーズが甘ければ、(curdled milk=凝乳)を混ぜます。それは、ホエイがより分離しやすくなるためです。

4、     ミルクの温度を、85-90度に保っておいて下さい(10-15分)。

5、     澄んだホエイが分かれたら、火から下ろして、チーズになるまで放置して下さい。

6、     液体を取り除いて下さい。

7、     チーズを、湿らせたリネンの布に置いてください。

8、     チーズが冷える前に、リネンの布の端と端を持って、チーズの入っている布をギュっギュっと前後にひねります。そして、余分な液体を全部絞り落とします。

9、     チーズをボウルに入れて下さい。

10、 サワークリームと卵、塩とキャラウェイの種を順番に入れていきます。投入しながら、木の匙で、チーズをかき混ぜ続けます。

11、 シチューなべに、溶かしたバターと一緒に混ぜたチーズを入れます。

12、 そして、10-15分間、チーズが滑らかに、つやが出るまで混ぜます。温度は75-80度です。

(*もし、より低い温度で、より短い時間混ぜ合わせた場合は、よりやわらかくもろいチーズが出来るでしょう。より高い温度で、長い時間混ぜると、チーズは、より固くなるでしょう。)

13、出来上がったチーズを、湿らせたリネン布におきます。

14、リネンの四隅を、一つにまとめて、結びます。そしてそのかたまりを、冷蔵庫に入れます。

15、冷蔵庫に入れる差胃に、重しを乗せます。

16、チーズが冷えたら、リネン布から外します。

17、浅いお皿に盛り、スライスします。

 

*JANI(ヤーニ)チーズは、バターや、ハチミツと一緒にサーブされます。もちろん、ビールのおつまみとしても使われます。

もし、チーズを長持ちさせたければ、塩を摺りこんで、カミもしくはサランラップに包んで冷えて、乾いた場所に保存します。チーズは、バターと一緒に食べることが出来、また、茶色くなるまでオーブンで焼くこともできます。

 

<HERRING IN A JACKETのレシピ>

HERRING IN A JACKET=皮つきニシン(前菜)

HERRING=(魚)ニシン

JACKET=皮付きの

 

<材料>

1、     塩漬けニシン・・・1

2、     ゆで野菜・・・(にんじん、ビーツ、グリーンピース)(150g/5.25oz

3、     サワークリーム・・・100g(3.5oz

4、     ワサビダイコン・・・10g

5、     塩、隠し味用砂糖、

6、     スプリングオニオン・・・小さめの青ねぎ。西洋では通常生で食べる。

 

<作り方>

1、     ニシンを水洗いする。その後皮をむく。

2、     切り身を、斜めに切っていく。

3、     野菜をさいの目に切り、魚のお皿を囲むように盛り付ける。

4、     ニシンの切り身を、中央を山高に盛り上げるように盛り付ける。

5、     サワークリームと青ねぎ、ワサビダイコン、塩、隠し味の砂糖を混ぜ合わせ、それを対角線状に、ニシンの上に注ぐ。

6、     薄切りにした青ねぎを上に散らす。

7、     中心に孔の開いたコーン型にくるくる巻いたニンジンを、お皿の中心か、一方に飾りつける。

以上

“Natalija Jansone Purple_AZZAP

本スタイルは、ナタリ・ヤンセン女史の正式なコレクションには

掲載されていません。ナタリー女史の友人でもあり、

同時にコナッツ商店のメイン取引デザイナーの

ZANETE AUZINA (ジャネテ・アウニャ)女史の

オンライストアにストックされているナタリー女史のアイテムを、

格安にしていただものです。ナタリー女史らしく、

女性の曲線美を強調しつも、右半身に放射状に走る、

アシンメトリなギャザーが 、

「ザ・ナタリ ーエレガンス」です。

生地:VISCOSE 100%

(VISCOSE=ビスコースは、レイヨンより等級の高い、

シルクのような手触りの化学繊維です。)

カラー:パープルは、

希望小売り価格:¥42 ,000 -

“Natalija Jansone Black_AZZAP

本スタイルは、ナタリ・ヤンセン女史の

正式なコレクションには掲載されていません。

ZANETE AUZINA (ジャネテ・アウ ジニャ)女史の

オンライン ストアにストックされているナタリー女史の

アイテムを、格安にしていただいたものです。

ナタリー女 史にしてはアヴァンギャルドなスタイルです。

「ブラック」という色の範囲で、

できうる限りの

「アソビ心」が縫い込まれた逸品ですね。

ロングドレスかつ、全体にアシンメトリーなギャザーが寄って、

生地もとても伸縮性が良い着心地最高の実用品です!

 

<希望小売り価格>(税込)

¥42 ,000 -