『お祝いの食卓~ウェルカム to ココナッツ商店!』

食卓を囲んで、一緒に「ふつうの記念の日」を作りましょう!
食卓を囲んで、一緒に「ふつうの記念の日」を作りましょう!

 

ココナッツ商店では、ご来店いただいたお客様に、

上記の写真のようなお食事を必ず振舞うことにしています。

 

「経費がかかるでしょう」とか、「そこまでしなくても、、、」

というご意見も頂戴しますが、

 

『あなただけの特別な空間としてのココナッツ商店』

 

を芯から堪能していただくためには、

 

「食卓を共にすること」が必要不可欠と思うからです。

 

ココナッツ商店の食卓は、『祝福された食卓』です。

 

イエス・キリストが、磔刑に処される前の晩に、

弟子たちと「最後の晩餐」をしたように、

「一緒に食事をすること」は、「お互いにいたわりあうこと」で、とても美しいことなのです。

 

お客様は大体、お食事の時間に、『ここだけのハナシ!』

盛り上がって、お腹が満ちたところで、ココナッツ商店の

リビングにディスプレイされているアイテムをお求めに

なったりして、心もお腹も満足してお帰りになります。

 

 

ですからどうか、

『お食事を用意していただくのがもったいない』

などとご遠慮なさらず、いつでもご来店のご予約を

入れてくださいませ☆

 

 

お食事の内容は、季節によっても異なりますが、

大体、上記の写真のような『ラトビア度の高い』

テーブルを整えます。

 

メニュー内容は、真ん中から反時計回りに、

 

1、   JANI CHEESE(ヤーニ・チーズ)

・・・ラトビア共和国の6月末週に盛大に祝われる、

         年に一度の夏至祭(リーゴ)の前夜祭に供される、

        特別なチーズ。キャラウェイシード(ヒメウイキョウの種) 

    入りの、フルーティなナチュラルチーズです。

         ※お気に召した方には、販売も致しております。

  WHOLE(NET380)g:丸一個¥4,000-, 

        HALF(NET200g):半分¥2,300-など。。。)

 

2、   SORREL SOUP

(レシピの詳細は、本ホームページメニューのうち、

<店主のラトビアいっぷく問わず語り―ラトビアの銘産品、ラトビア料理のレシピなど>の『SORREL SOUP』の項をご参照ください。)

・・・日本では雑草扱いされているけれど、

      雪国のラトビアでは貴重な葉物、

          SORREL(ギシギシ草,スカンポとも言います)を、

         ニンジンやジャガイモなどの根菜類と、

         牛、豚、鳥でダシをとったスープに入れて軽く茹で、

     サワークリームとハーブのディル、

    ゆで卵をトッピングした、異国情緒漂う逸品。

    ココナッツ商店リビングサロンのスタンダードメニュー

    です!

 

3、   『ライ麦パンに塗るバター』(とバター入れの陶器)、

 

4、   『ライ麦パンwithヤーニ・チーズ!』

・・・この写真のライ麦パンは、本格的なハードブレッドの

     ライ麦パンではなく、市販のライ麦が30%くらい

  (本物はライ麦70%以上)のパンに、

   ヤーニ・チーズをトッピングしたものです。

(本格派のライ麦70%以上含有のライ麦パンは、後ほど紹介

   いたします。)

5、   『ビール』!

・・・ラトビアの夏至祭りリーゴの前夜祭で供される、

     中央のヤーニ・チーズに欠かせないのが、

    「塩とビール!ビール!ビール!」。

     ラトビアの夏至祭り前夜祭では、

     このクセの無いフルーティな味の

      ナチュラルチーズに、塩をすり込んで、

       大量のビールとともに消費し、

       盛大にお祭りを祝います。

 

<その他のお飲物各種>

季節やタイミングによって、ココナッツ商店には、

ラトビアの色々な飲み物が登場します。

18世紀に、ラトビアの首都リーガで、ある有名な薬剤師が、

80種類以上の薬草を混ぜて編み出した、ラトビアオリジナルの

薬草酒(苦味があってコクがあり、いかにも“身体に良さそう”!)、日本では輸入規制の成分があるため市場に出回らない、ココナッツ商店でしか味わえない、

ラトビア銘酒『リガブラックバルザム(真っ黒なお酒で、常温で火が付く度数45度!)』や、

 

これは本当に日本ドメスティックですが、

*『箕面の地ビール』

*『天然ハーブティー:

(庭師を職業とする店主木村の母、専務弘子お手製のもの)各種』、

*『山本珈琲』などが主な飲み物です。

 

 <ココナッツ商店リビングサロンご来店のご予約の方法>

 

1、   ウェブサイトから:「お問い合わせ」フォームより、

          ご来店ご希望の日時をお知らせください

 

 2、   FACEBOOKページ(準備中)から:「メッセージの送信」  

         で、スマホからでもウェブからでも

          いつでもご連絡下さい!

 

3、   ココナッツ商店 店主 木村 咲子の個人連絡先へ:Eメール、Gメール、または携帯電話宛に。もちろん、自宅電話もOKです!ご来店ご希望の日時をお知らせ下さい!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 
店主木村 咲子(きむら さきこ)
自宅兼事務所/ショールーム:
565-0863 大阪府吹田市竹見台4丁目5番

 

  テラス千里・桃山台304号
 TEL/FAX: 06-6834-3592
 Email:
skimuko@sb4.so-net.ne.jp
Gmail:sakikokimura3@gmail.com
 Mobile phone:   090-8826-4357
 
携帯メールアドレス: mokurensakiko@docomo.ne.jp
 ホームページ:http://coconutsshoten.jimdo.com/

 

※尚、ご来店の際は、店主木村 咲子が、

イベント前後、イベント中であることがありますので、

ご来店の2~3日前を目安にご予約いただけるとありがたいです。

沢山の方のご来店をお待ち申し上げております!

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sex tel (火曜日, 31 10月 2017 23:16)

    niespoziomowanie

  • #2

    pod tym adresem (土曜日, 18 11月 2017 00:24)

    Intelligence

“Natalija Jansone Purple_AZZAP

本スタイルは、ナタリ・ヤンセン女史の正式なコレクションには

掲載されていません。ナタリー女史の友人でもあり、

同時にコナッツ商店のメイン取引デザイナーの

ZANETE AUZINA (ジャネテ・アウニャ)女史の

オンライストアにストックされているナタリー女史のアイテムを、

格安にしていただものです。ナタリー女史らしく、

女性の曲線美を強調しつも、右半身に放射状に走る、

アシンメトリなギャザーが 、

「ザ・ナタリ ーエレガンス」です。

生地:VISCOSE 100%

(VISCOSE=ビスコースは、レイヨンより等級の高い、

シルクのような手触りの化学繊維です。)

カラー:パープルは、

希望小売り価格:¥42 ,000 -

“Natalija Jansone Black_AZZAP

本スタイルは、ナタリ・ヤンセン女史の

正式なコレクションには掲載されていません。

ZANETE AUZINA (ジャネテ・アウ ジニャ)女史の

オンライン ストアにストックされているナタリー女史の

アイテムを、格安にしていただいたものです。

ナタリー女 史にしてはアヴァンギャルドなスタイルです。

「ブラック」という色の範囲で、

できうる限りの

「アソビ心」が縫い込まれた逸品ですね。

ロングドレスかつ、全体にアシンメトリーなギャザーが寄って、

生地もとても伸縮性が良い着心地最高の実用品です!

 

<希望小売り価格>(税込)

¥42 ,000 -