麗しき貴婦人、ナタリ・ヤンセンその女性(ひと)

  

 

 

 

 

 

 

 

 

~~ドレープの魔術師~~ 

  

貴婦人の秘密 

 

 

 Natalija

  

Jansone 

 

(ナタリ・ヤンセン)

 

 

<ナタリ・ヤンセンさんの経歴>

 

ナタリ・ヤンセンさんは、ラトビアにおいても、海外においても非常に高名なデザイナーです。1985-1990年まで、サンクトペテルブルク大学の東洋哲学科にて勉強をした後、ソウルの延世大学にて、さらに東洋思想に対する知識を深めました。同時にデザイナーとしてもデビューした、まさに「真のインテリゲンツィヤにして、真の芸術家」です。服の素材は全てラトビア産。そして1点1点ほぼ完全に手作業で縫製されます。着心地の良さと、エレガントさの両立を追及し、多くの顧客を魅了しています。 

 

「ドレープの魔術師-

貴婦人の秘密」。

 

彼女が、1枚の布を使って作り出す芸術は、その手による服を着る人を、一瞬にして「貴婦人」に変身させる魔術を持っています。

 

サンクトペテルブルグ大学で、東洋哲学を学び、韓国の儒教思想を徹底的に勉強したナタリーは、良い意味でそのエッセンスをデザインに取り入れています。

 

チマ・チョゴリを思わせる、前で打ち合わせをして、キモノスリーブのように優雅にすそが垂れるトップス。

 

「真のインテリゲンツィヤにして、真の芸術家であるナタリ・ヤンセン」が生み出す作品群は、女性なら誰でも一度はあこがれる「シンデレラ」に、一瞬にしてあなたを変身させてくれます。 

 

 

<作品詳細> 

 

彼女の服を語る上で欠かせないのが、その「知性とエレガンス」というエッセンスでしょう。ナタリ・ヤンセン氏は、東京大学よりはるかに選りすぐりのエリートを集めた、サンクトペテルブルグ大学の、東洋哲学科を卒業しています。また、その後、ソウルの延世大学にも留学し、そこで韓国のラトビア大使館の大使のアドバイザーを務めたこともあるという、デザイナーとしては異色の経歴の持ち主です。

 

その彼女が生み出す作品のエレガンスの神髄は、その「魔法のドレープ」にあるといえるでしょう。あるイヴニングドレスは、真ん中にぎゅっとギャザーを寄せ、そのギャザーは、後ろに回るにつれて、美しいバルト海の波を思わせるドレープとなって、腰骨の上で美しく波打ちます。 彼女のドレスは、大胆なカッティングや、露出度の多いドレスであっても、決して下品にはなりません。かえって、着る人の持っている、内心の知性や、エレガントな魅力の部分を引き出してくれます。

 

さらに、ナタリ・ヤンセン氏のデザインは、顧客の年齢を選びません。 20歳の若々しい女性には、みずみずしい感性を、熟年の顧客には、優れた素材のみが提供できる、圧倒的な存在感と重厚感を。ナタリーの服を着る人は、非常に貴族的です。彼らはいつも自分の人生に期待を持っています。生きることを謳歌する幸せを彼らは知っています。 すべての服は天然素材から生産されています:絹、綿、ウール、または別の厚さでプリントせずに、品質、質感、すべて1つの生地に混合されています。

 

各ジャケット、夏のコートは、特別な手仕上げとライニングを持ち、そこにレースも含まれています。すべての材料や衣料ラトビアで生産されています。 すべての製品はナタリ・ヤンセン本人によってデザインされています。これは、品質、シルエットのエレガント性を保証し、そして、送り出される個々の製品には、特別なタッチと個性を追加します。

 

衣料専用のライニングは、特に、着心地の良いものになっています。すべての衣類は、完全に、または部分的に手作業で作られています。 ここまでのこだわりを持ちながら、ナタリーは、すべての製品において、個々の顧客への柔軟性を失いません。顧客の特別の要求やトレンドの変化に応じて、カラー変更、微妙なデザイン変更などが可能です。サイズついても、顧客に合わせることが出来、特殊な体型の方にも対応しています。

 

彼女のアイデンティティの源は「ラトヴィアの民族学」です。サンクトペテルブルグ大学で、東洋哲学を学び、逆に祖国の素晴らしさに目覚めた彼女が作る服の素材は、すべてラトヴィア産。ウールのほか、ジャージ類も展開しています。布地の異なる厚み、織り方や柄を組み合わせています。衣類内側の仕上げにもこだわりがあります。ナタリーは、品質とエレガントなフォルムを確保し、特別でパーソナルな手触りを守るために、自ら全製作過程をコントロールしています。

 

こうした確実な仕事により、ラトヴィアのデザイナー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。 「ラトヴィアが産んだ、真のインテリにして真の芸術家」の中にある、「東洋への思い」これらの素敵な化学反応の結晶である作品は、着る人に自然な知性とどこか懐かしい郷愁を与えてくれるに違いありません

“Natalija Jansone Purple_AZZAP

本スタイルは、ナタリ・ヤンセン女史の正式なコレクションには

掲載されていません。ナタリー女史の友人でもあり、

同時にコナッツ商店のメイン取引デザイナーの

ZANETE AUZINA (ジャネテ・アウニャ)女史の

オンライストアにストックされているナタリー女史のアイテムを、

格安にしていただものです。ナタリー女史らしく、

女性の曲線美を強調しつも、右半身に放射状に走る、

アシンメトリなギャザーが 、

「ザ・ナタリ ーエレガンス」です。

生地:VISCOSE 100%

(VISCOSE=ビスコースは、レイヨンより等級の高い、

シルクのような手触りの化学繊維です。)

カラー:パープルは、

希望小売り価格:¥42 ,000 -

“Natalija Jansone Black_AZZAP

本スタイルは、ナタリ・ヤンセン女史の

正式なコレクションには掲載されていません。

ZANETE AUZINA (ジャネテ・アウ ジニャ)女史の

オンライン ストアにストックされているナタリー女史の

アイテムを、格安にしていただいたものです。

ナタリー女 史にしてはアヴァンギャルドなスタイルです。

「ブラック」という色の範囲で、

できうる限りの

「アソビ心」が縫い込まれた逸品ですね。

ロングドレスかつ、全体にアシンメトリーなギャザーが寄って、

生地もとても伸縮性が良い着心地最高の実用品です!

 

<希望小売り価格>(税込)

¥42 ,000 -