ココナッツ商店はココ!人呼んで”千里のロスロリアン”

「千里のプチ・ラトビア」、テラス千里・桃山台マンション
「千里のプチ・ラトビア」、テラス千里・桃山台マンション

北大阪急行桃山台電鉄から、『ロスロリアンテラス千里・桃山台までの道順動画バージョン』

<INTRODUCTIONS>

 (注)!(注)!(注)!(注)!(注)!(注)!(注)!(注)!

まず、上記プランパッドさま作成の、

 

『東欧 バルト三国ファッションデザイナー直輸入ドレス専門店 ココナッツ商店』のCM、  YOUTUBE動画を、

『100回観て下さい』!

 

それから文字の「道順」を読んでください!!!

 

でないと、貴方は、

映画『ロード・オブ・ザ・リング』で言うところの、

 

「人間の眼からは隠された聖地、

不死の美しい民エルフ族の住まう千里の

ロスロリアン」、

 

『テラス千里・桃山台マンション304号室のココナッツ商店』

 

に“未来永劫”、

 

たどり着くことができません!!!!!!!!!!!!

 

御覚悟を!!!!!!!!!!!!!

 

千里のプチ・ラトビア、テラス千里・桃山台マンション!
千里のプチ・ラトビア、テラス千里・桃山台マンション!

 

<『千里のプチ・ラトビア、

“テラス千里・桃山台マンション”』

        への行き方>

 

 

1.  ※超重要!

 

北大阪急行電鉄、桃山台駅の、

 

新築改札口「北改札口」を出る。

すると、、、

 

→陸橋の上にポンと出ます。

 

.改札を出たら、

陸橋を、“左方向に進みます”。

 

.

地上へのエレベータおよび階段で、

地上の道路に出ます。

 

.※超重要!※ 

 

降りた地上の、下り(北、梅田と反対側)、

から向かって左側は、

 

新御堂筋の車道の側道で右側は生垣です。

 

駅を背にして、北へ(千里中央方面へ)100mほど戻るように

 

歩きます。

 

5.※超重要!※

 

緩やかな登り坂を歩いていくと、

 

たった1か所、本当にたった1か所だけ、

 

「側道からさらに内側の歩道につながる切れ目」

 

があります!わずか幅2m位の生垣の切れ目なので、本当に見落としやすく、初めて来られる方は必ずここが見つからず、平均して「40分」迷われます。。。。(ここの部分が、プランパッドの店舗案内YOUTUBE動画にキッチリ映し出されていますので、必ず下記YOUTUBE動画ご参照くださいませ。)

 

ここをの切れ目を見逃すと、

 

ずっとずっと北まで進んでしまい、

 

本当に千里中央まで戻ってしまいますから

 

要注意です!!!!!!!!

 

ここから、

「車道の側道から内側」

に入ると、真ん前の、

 

緑のツタが這う、手摺り茶色レンガの

マンションの304号室が、

“千里のプチ・ラトビア”です!

 

 

 

中央の茶色の自動ドアを入ると、

インタホンがありますので、そこで

 

「304」を押して、

「呼び出し」ボタンを押すと、

 

テーブルに薄いブルーのタータンチェックの

クロスをかけ、

 

スープ、ビール、ライ麦パン、

ヤギミルクチーズで

 

最上級のおもてなしの食卓をご用意して、

 

皆様のご来訪をお待ちしている、

 

「木村宅=ココナッツ商店」につながります。

 

オートロックなので、木村が、

 

“ひばりがさえずるような鈴の音のような声”

 

「はい、ココナッツ商店でございます」もしくは、

 

「はい、木村です」と申し上げますので、

 

「ココナッツ商店に来訪しました、

 

千里市民フォーラム(もしくはご所属)の○○です」

 

と来訪の旨をお告げくださいませ。

 

 

 

あとはただ、ゆっくり時間の流れる、

“あなただけのための空間”

 

を独り占めして、美味しいラトビア家庭料理と、

 

現代トップデザイナーのラトビア人、ZANETE AUZINA(ジャネテ・アウジニャ)女史の

 

アヴァンギャルドかつ着心地の良い念入りなデザインと

 

Natalija Jansone(ナタリ・ヤンセン)女史の、

 

キモノ風アレンジがスーパーエレガントな

ドレープたっぷりのドレスを

 

ご試着などして、

 

1日中、“ココナッツ商店リビングサロン”

を堪能くださいませ!

 

 

 

※尚、ご来訪の際は、事前におもてなしの

準備を致しますので、

来訪の2日前くらいにご予約をいただけますと幸いです。

 

ご予約の電話、メールアドレスは、以下のココナッツ商店の署名を御覧くださいませ。※

 

 

 

以上です。

 

 

では、また皆様にお会いできることを心より楽しみにしております!

 

 


~
全ての女性に、白百合を~

 

[バルトの真珠]、ラトビア共和国からあなたへの

 

最高のプレゼント。

 

ラトビアドレス・ブラウス・雑貨輸入貿易・卸・小売

 

ココナッツ商店
店主木村 咲子(きむら さきこ)
自宅兼事務所/ショールーム:
565-0863 大阪府吹田市竹見台4丁目5番

 

テラス千里・桃山台304号
 TEL/FAX: 06-6834-3592
 Email:
skimuko@sb4.so-net.ne.jp
Gmail: sakikokimura3@gmail.com
 Mobile phone:   090-8826-4357
 
携帯メールアドレス: mokurensakiko@docomo.ne.jp
 
ホームページ:http://coconutsshoten.jimdo.com/

 

「ココナッツ商店の所在する

       吹田の街について」

    私は、まだ吹田市民になって(新千里南町からマンションを買って竹見台に引っ越して)7年しかたっていないし、吹田の北端、線路を渡ればすぐそこは豊中の南町、周りは上新田という状況。だから、吹田の古い土地(岸辺や垂水神社など)のことはよくわからない。が、、、、

 

・吹田の特長として

・・・・南千里公園があり、緑が多い。

・・・・万博記念公園は、世界に誇ることができる、とても良い総合レジャーランドと思う。エキスポランドが閉鎖され、国立国際美術館が中之島に移転したのは、とても残念。幼少期からの思い出が、万博記念公園にはたくさん詰まっている。「太陽の塔」は、吹田だけでなく、千里、大阪が世界に誇るモニュメントと言える。

 

    私は、「千里市民フォーラム」に所属しています。たまに土曜サロンにも顔を出したりしています。そこで自分が一貫して会合で訴えているのが、「千里から若年層の流出を防ぐために、“千里発”の起業家の育成支援をもっと手厚くすべきであること。また、少なからぬ数の、千里における若者の引きこもりに対する対策を、もっと市が積極的にすべき」ということ。

 

    緑多い、区画整備された、「日本初」のニュータウン千里。地縁血縁の絡み合わない土地でそこが良いという意見もあるが、そろそろ、千里を「市内への通勤のサラリーマンのベッドタウン」という概念を脱ぎ捨て、

「千里ならではの商業が発達する商業都市」として発展して、若者の地元雇用の受け皿を創っていく段階に来ているのではと思っている。その意味で、ココナッツ商店は、事業所登録を、市内ではなく、吹田市の竹見台の自宅にしている。

“Natalija Jansone Purple_AZZAP

本スタイルは、ナタリ・ヤンセン女史の正式なコレクションには

掲載されていません。ナタリー女史の友人でもあり、

同時にコナッツ商店のメイン取引デザイナーの

ZANETE AUZINA (ジャネテ・アウニャ)女史の

オンライストアにストックされているナタリー女史のアイテムを、

格安にしていただものです。ナタリー女史らしく、

女性の曲線美を強調しつも、右半身に放射状に走る、

アシンメトリなギャザーが 、

「ザ・ナタリ ーエレガンス」です。

生地:VISCOSE 100%

(VISCOSE=ビスコースは、レイヨンより等級の高い、

シルクのような手触りの化学繊維です。)

カラー:パープルは、

希望小売り価格:¥42 ,000 -

“Natalija Jansone Black_AZZAP

本スタイルは、ナタリ・ヤンセン女史の

正式なコレクションには掲載されていません。

ZANETE AUZINA (ジャネテ・アウ ジニャ)女史の

オンライン ストアにストックされているナタリー女史の

アイテムを、格安にしていただいたものです。

ナタリー女 史にしてはアヴァンギャルドなスタイルです。

「ブラック」という色の範囲で、

できうる限りの

「アソビ心」が縫い込まれた逸品ですね。

ロングドレスかつ、全体にアシンメトリーなギャザーが寄って、

生地もとても伸縮性が良い着心地最高の実用品です!

 

<希望小売り価格>(税込)

¥42 ,000 -